2010年5月30日 (日)

ブログを引越ししました

いつもJerry's Photo Diaryをご覧いただき、ありがとうございます!

おひとりでも見てくださる方がいると励みになります。

この度、もっとブログを充実させたいと思い、引越しすることにしました。

引越し先はコチラです。 http://jerryphoto.exblog.jp/

つたないブログですが、今後とも ヨロシクお付き合いください^^;

2010年5月27日 (木)

棚からひとつかみ

まぁ、早い話が在庫処分なのですが、ふと「棚からひとつかみ」という言葉を思い出したのでタイトルにしてみました。

「クレマチス」 だと思います。
Dpp_0450
EOS 7D TAMRON 90mmF2.8 Macro(272E) [90mm F2.8 1/640 ISO100 +0.7EV]

「アカバナユウゲショウ」という花らしいです。誰がつけるんだろ?
Dpp_0449
EOS KissX2 TAMRON 90mmF2.8 Macro(272E) [90mm F2.8 1/200 ISO200 ±0EV]

「オオイヌノフグリ」  これも誰がつけた!って思いませんか?
↑のアカバナユウゲショウと似てるなぁ
Dpp_0452
EOS 7D TAMRON 90mmF2.8 Macro(272E) [90mm F3.2 1/400 ISO100 ±0EV] 

2010年5月25日 (火)

在庫処分

最近ゆっくり撮影に行く時間が取れない日々が続いてます。
テーマも何もないけど散歩などで撮った花の写真でもUPします。

「スラリなポピー」 隣の茎は背比べに負けたのでしょうか?
Dpp_0354_2 
EOS 7D TAMRON 90mmF2.8 Macro(272E) [90mm F2.8 1/320 ISO100 +0.7EV]

「ひとりぼっち」 早く仲間が咲いてくれないかな~Dpp_0394
EOS KissX2 TAMRON 90mmF2.8 Macro(272E) [90mm F2.8 1/640 ISO200 ±0EV]

「マツヨイグサ」(月見草ではありませんでしたね)
Dpp_0443_2
EOS 7D TAMRON 90mmF2.8 Macro(272E) [90mm F2.8 1/160 ISO400 ±0EV]

ホント最近はタムロン272Eばっかり使ってます。
272Eのフィルター径は55mmなんですが、手元にある52mmのソフトフォーカスフィルターを付けるためステップダウンリングを購入しました。
APS-Cだとケラレることもないようです。
ソフトフィルターを付けて撮るとこんな感じです。↓
Dpp_0431
EOS 7D TAMRON 90mmF2.8 Macro(272E) [90mm F4 1/250 ISO100 -0.7EV]

元来やわらかい描写の272Eですが、さらにふんわりホンワカになります。
ただのピンボケ写真に見えなくもないですが^^;

紫陽花

もうすぐ梅雨。
梅雨が似合う花といえば紫陽花。
夕方にちょこっと出かけた散歩道にアジサイがたくさん植えてありました。

紫変化
Dpp_0448
EOS 7D TAMRON 90mmF2.8 Macro(272E) [90mm F4 1/160 ISO1250 ±0EV]

墨田の花火
Dpp_0445
EOS 7D TAMRON 90mmF2.8 Macro(272E) [90mm F2.8 1/125 ISO1000 ±0EV]

まだ咲きかけで品種は?
Dpp_0444
EOS 7D TAMRON 90mmF2.8 Macro(272E) [90mm F2.8 1/160 ISO320 ±0EV]

品種名については、こちらのページを参考にしましたが、素人の見た目判断なので間違っているかもしれません。

こうして調べてみるとアジサイも多品種なんですね~!

本格的なシーズンはこれからなので、6月はアジサイ撮影がんばろう。

雨のアジサイ。アジサイとカタツムリ。 これらも撮ってみたいものです。

2010年5月22日 (土)

アオ君と接近遭遇

  トンボでも撮ろうかと思い、帰宅途中にお城の堀へ行くと、何とアオサギ君が歩道側でたそがれているじゃないですか!
いや~嬉しい! 好きなんです、アオサギ君。
好意的に沢山撮らせてくれたので沢山掲載します!

たそがれるアオサギ君
Dpp_0414
EOS 7D EF135mmF2L [135mm F2 1/1250 ISO100 +0.7EV]

都会に住んでいて慣れているのか、人がすぐそばによっても堂々としていて逃げませんが、散歩の犬が近づいたときだけは10メートルほど先に飛びました。

10メートル先にはカメラを持った外人さんがアオサギ君を撮っています。
Dpp_0406
EOS 7D EF135mmF2L [135mm F2 1/1000 ISO100 ±0EV]

そのとき、アオサギ君の目の前に1匹のトンボが・・・・
Dpp_0407
EOS 7D EF135mmF2L [135mm F2 1/1600 ISO100 ±0EV]

次の瞬間、彼の本性が・・・
Dpp_0408
EOS 7D EF135mmF2L [135mm F2 1/1250 ISO100 ±0EV]

あ~! やられた。 僕が撮ろうとおもったトンボが捕られた!
しかし、飛んでるトンボを1発で捕獲するとは恐るべしアオ君!
Dpp_0409
EOS 7D EF135mmF2L [135mm F2 1/1250 ISO100 ±0EV]

この後、岸から魚を狙って・・・
Dpp_0424
EOS 7D EF135mmF2L [135mm F10 1/200 ISO640 ±0EV]

それっ!
Dpp_0425_2
EOS 7D EF135mmF2L [135mm F10 1/200 ISO2000 ±0EV]

ガハハ~! 空振り~
Dpp_0426
EOS 7D EF135mmF2L [135mm F10 1/250 ISO2500 ±0EV]

最後に逆方向に回りこんで接近を試みました!
ノートリミングでこの距離。かなり近いです。
Dpp_0428
EOS 7D EF135mmF2L [135mm F10 1/200 ISO1250 ±0EV]

若干ビビリながらも、もうちょっとだけ。これ以上近づくと食われます
Dpp_0430_2
EOS 7D EF135mmF2L [135mm F10 1/200 ISO2500 ±0EV]

対岸の巣まで帰ろ~っと!
Dpp_0419
EOS 7D EF135mmF2L [135mm F7.1 1/250 ISO3200 ±0EV]

さよなら~、また遊ぼうね~
Dpp_0417
EOS 7D EF135mmF2L [135mm F2 1/500 ISO100 +0.7EV]

Dpp_0418
EOS 7D EF135mmF2L [135mm F2 1/200 ISO200 ±0EV]

2010年5月18日 (火)

暇つぶし

土日に撮影に行かなかったんで載せるネタがない^^;

というわけで、GUNREFで見かけた写真のマネして暇つぶしです

#1 DVDに水滴付けて、例のクリップLEDで照明当てました

Dpp_0400
EOS 7D TAMRON 90mmF2.8 Macro(272E) [90mm F8 1/80 ISO3200 ±0EV]

#2
Dpp_0398
EOS 7D TAMRON 90mmF2.8 Macro(272E) [90mm F8 1/160 ISO2500 ±0EV]

#3 CDだとこんな感じ。あっさりしてます。
Dpp_0397
EOS 7D TAMRON 90mmF2.8 Macro(272E) [90mm F8 1/12 ISO3200 ±0EV]

パクリネタですが、簡単にできて綺麗です。
今回は普通に水でやったけど、油なんかだとまた違ったものになるかも?

2010年5月14日 (金)

「直列2亀頭」 

Dpp_0392
EOS KissX2 TAMRON 90mmF2.8 Macro(272E) [90mm F2.8 1/160 ISO200 ±0EV]

 開高健さんの釣行記「オーパ!」シリーズが好きで20年ほど前から何度も読み返しています。
 実は僕がこのブログのカテゴリに登録している「鳥獣虫魚」という言葉もこの本からの引用です。
 釣りキチの著者がアマゾンを始め世界中を旅するルポなんですが、緻密で精緻でありながら軽快な文体に花を添えるのがカメラマン高橋昇氏の写真です。
 鳥獣虫魚はもちろん、アマゾンのジャングルに咲き乱れる花々をはじめルポを彩る素晴らしい写真の数々が満載されています。
 今のように写真に凝ったのも、もしかするとこの本の影響があるかも知れません。

 ずいぶんと前置きが長くなりましたが、「オーパ!」シリーズに登場する人物が杭の上に並んで甲羅干しをしているカメを見つけて「直列2亀頭」と命名した記述がありました。

 今日はKissX2にカビが生えないように持ち出して、会社帰りに公園を散歩しながら写真を撮っていたら「直列2亀頭」を見つけたという訳です^^;

Dpp_0391
EOS KissX2 TAMRON 90mmF2.8 Macro(272E) [90mm F2.8 1/250 ISO200 ±0EV]

福岡市中央区の「大濠公園」というところなんですが、魚や鳥もいますがカメも相当います。ここからぱっと見て6~7匹は視界に入っていました。

Dpp_0390
EOS KissX2 TAMRON 90mmF2.8 Macro(272E) [90mm F4 1/200 ISO200 ±0EV]

delphian師匠の秘密基地でもおなじみのアオサギ君がいたので思わずパチリ。例によって272Eしか持っていなかったので相当トリミングです。

2010年5月11日 (火)

前ボケ初成功?

Dpp_0389
EOS 7D TAMRON 90mmF2.8 Macro(272E) [90mm F4 1/125 ISO125 +1.0EV]

先日の撮影時にちょっとだけ「前ボケ」の練習をしてみました。

成功かな?と思えたのはこの1枚。

タンポポの黄色なんですが、ぼかし過ぎ?ただの変色した写真に見えなくもないですね^^;

写真をクリックして大きくしてみていただけると嬉しいです。

2010年5月10日 (月)

蜘蛛の巣

Dpp_0379
EOS 7D TAMRON 90mmF2.8 Macro(272E) [90mm F2.8 1/160 ISO500 ±0EV]

蜘蛛の巣の魅力。その造形ときらめきに魅せられています。
上の写真は日射しにきらめいている巣ですが、ちょうど中心のクモに光が集まっているように見えます。

Dpp_0385
EOS 7D TAMRON 90mmF2.8 Macro(272E) [90mm F2.8 1/160 ISO100 +0.7EV]

上の写真も偶然なんですが、クモにスポットを当てたような感じになりました。
クモには光が集まりやすいのかな?

Dpp_0387
EOS 7D TAMRON 90mmF2.8 Macro(272E) [90mm F4 1/160 ISO320 +1.0EV]

これはもう、クモの巣の造形美。よくまあこんなものが作れるもんだ。
部分的に破綻があるところがまたよし。

Dpp_0388
EOS 7D TAMRON 90mmF2.8 Macro(272E) [90mm F4 1/125 ISO200 +1.0EV]

これはタムロン272Eのボケ自慢ですね。
今気づいたけど、クモの巣っていうのは平面なんで、ピントが合った部分は横一線で合っていて、そこから前後になだらかにボケていくわけで、これがマクロレンズの被写界深度が浅い特徴と合致してボケを楽しめるわけなんですね。

朝露や雨の水滴が付いた蜘蛛の巣も撮ってみたい。

2010年5月 9日 (日)

魅力

Dpp_0381
EOS 7D TAMRON 90mmF2.8 Macro(272E) [90mm F3.2 1/160 ISO160 +1.0EV]

272Eを買ってから、すっかりマクロの魅力に取り付かれています。
マクロといえば定番の小さな昆虫たち。
基本的に虫は嫌いなのにレンズを通してみると不思議とかわいいものです。

Dpp_0383_2
EOS 7D TAMRON 90mmF2.8 Macro(272E) [90mm F6.3 1/160 ISO400 +0.3EV]

Dpp_0382
EOS 7D TAMRON 90mmF2.8 Macro(272E) [90mm F4 1/320 ISO100 -0.7EV]

ほんの小さな草むらに、バッタの赤ちゃんや羽化直後のカゲロウ、小さなアブ、テントウムシの幼虫、クモなど、沢山の小さな命がありました。

草むらで気づいたのが「蜘蛛の巣」の魅力です。
272Eで蜘蛛の巣を撮るとそれはそれは綺麗です。次回の記事にて。